立体撮影サービスSCAMERA-T1(スキャメラ-T1)

立体感

凹凸のある質感をリアルに再現

スキャメラとは

○ スキャナーの高解像度とカメラの被写界深度をあわせもった
  非接触型のスキャナーです。
○ 幅841mm、奥行594mm、高さ100mmまでの被写体を撮影可能。
○ 非接触型なので、被写体をキズつける可能性が低い。

デジタルカメラとの違い

デジタルカメラの撮影はある1点にしかピントが合わないのに対し、スキャメラは被写体全体にピントが合うので、物体をより立体的に表現できるのが最大の特長です。
スキャメラのスキャンヘッドには3本のランプが設置されており、ランプの角度を調整し最適な影を作ることで、物体の質感をリアルに再現できます。

デジタルカメラの場合スキャメラの場合

被写体に対して一定の距離を取り、1点のみを基準に ピントを合わせ撮影する。

被写体に対してカメラ(スキャンヘッド)が移動するので、隅々までピントを合わせて撮影できる。

機材スペック

スキャメラ-T1

機種名 : スキャメラT1
光学解像度 : 600dpi
出力解像度 : 100dpi、200dpi、400dpi、800dpi
出力 : グレースケール:8bit/16bit、カラーRGB:各8bit/16bit
スキャン速度 : 28.2mm/sec(A3縦サイズで約2.5分)
読取有効サイズ : 幅841mm × 奥行594mm × 高さ100mm (面積:A1サイズ)
光源 : 専用紫外線カットフィルター付き白色蛍光灯 × 3灯

  • お問い合せ

    光陽社webサイトの「お問い合せ」ページからどうぞ

↑ページの先頭へに戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • 第12回印刷産業環境優良工場表彰 日本印刷産業連合会 会長賞受賞
  • プライバシーマーク
  • グリーンプリンティング 本社・東京事業所
  • グリーンプリンティング 飯能工場
  • JAPAN COLOR マッチング認証
  • FSCマーク
  • PLATE TO PLATEマーク
  • グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)マーク
  • 健康経営優良法人2020
  • 健康優良企業 金認定