SDGsへの取り組み

カーボンニュートラル達成に向けたサービス

印刷物のCO2排出量算定・お見積りのご依頼はこちらから 詳しい資料のダウンロードはこちらから

飯能プリンティングセンターBASEでは、かねてより太陽光発電装置を設置するなど、生産活動において排出されるCO2の削減に努めてまいりましたが、2021年9月にはScope1とScope2におけるCO2を、J-クレジットにてオフセットすることで、カーボンゼロ工場として生まれ変わり、当工場で印刷する製品は全てカーボンゼロプリントとしての提供を開始いたしました。2022年4月には、当工場の供給電力を非化石証書付き再エネ電力 に切り替えるとともに、各事業所の電力はJ-クレジットにてオフセットすることで、全事業所にて再エネ100%を達成いたしました。
当社は“良いものづくり”を通して、お客様のSDGsへの取り組み、ESG経営に貢献いたします。

東京電力エナジーパートナー株式会社のグリーンベーシックプランにて供給される、 実質的にCO2排出量がゼロとなる水力・風力・太陽光その他の再生可能エネルギー由来の電力。

カーボンゼロで稼働する工場で印刷して、CO2削減に貢献!

カーボンゼロプリント
CARBON ZERO PRINT

ロゴマーク:CARBON ZERO PRINT

カーボンゼロで稼働する飯能プリンティングセンターBASEで印刷した製品には、上記の「カーボンゼロプリント(CARBON ZERO PRINT)」マークを表示することが可能です。「カーボンゼロプリント(CARBON ZERO PRINT)」マークを表示することで、CO2削減への貢献をアピールすることができます。

※商標登録番号:登録第6501188号

カーボンゼロプリント概念

カーボンニュートラルを達成するために

印刷物のCO2排出量を
算定して「見える化」

当社では、印刷物のCO2排出量を算定することが可能です。
サプライチェーン排出量(原材料調達・製造・物流・販売・使用・廃棄までの一連の流れ全体の排出量)を算定し、お客様の印刷物に表示することができます。
CO2排出量を「見える化」することは、カーボンニュートラルの実現を目指すための意識変革をうながす手助けになります。

CO2排出量をカーボンオフセットし実質ゼロにする印刷

カーボンニュートラルプリント
CARBON NEUTRAL PRINT

ロゴマーク:CARBON NEUTRAL PRINT

CO2排出量を算定し、それを有償でカーボンオフセットいたします。お客様の印刷物に「カーボンニュートラルプリント(CARBON NEUTRAL PRINT)」マークを表示することで、カーボンニュートラル達成への貢献をアピールできます。

※商標登録出願中

カーボンニュートラルプリント概念

印刷物のCO2排出量算定・お見積りのご依頼はこちらから

【用語説明】

Scope1 事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)のことで、当社では社用車のガソリン使用量が該当。
Scope2 他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴う間接排出のことで、当社では消費電力が該当。
Scope3 Scope1、Scope2以外のその他間接排出量全てのことであり、購入した資材や、配送、使用、廃棄、雇用者の通勤等、15種類のカテゴリーに分類されている。
J-クレジット 省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、温室効果ガスの排出削減量や吸収量 を「クレジット」として国が認証する制度

環境配慮型プリント説明資料のダウンロード

詳しい資料のダウンロードはこちらから

↑ページの先頭へに戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • 第19回印刷産業環境優良工場表彰 経済産業省商務情報政策局長賞 受賞
  • プライバシーマーク
  • グリーンプリンティング 本社・東京事業所
  • グリーンプリンティング 飯能工場
  • JAPAN COLOR マッチング認証
  • FSCマーク
  • PLATE TO PLATEマーク
  • グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)マーク
  • Sports in Life
  • 健康経営優良法人2022