SDGsへの取り組み

経済産業省「GXリーグ基本構想」に賛同

「GXリーグ」は、カーボンニュートラル実現と社会変革を見据えて、GXへの挑戦を行い、現在および未来社会における持続的な成長実現を目指す企業が同様の取組を行う企業群や官・学と協働する場であり、経済と環境および社会の好循環を目指すものになります。

当社では自社工場(飯能プリンティングセンターBASE)において、太陽光発電設備の設置や生産設備の見直しを通じて、生産活動で発生するCO2排出量の削減に努めています。2021年9月には自社工場のScope1とScope2におけるCO2をゼロにすることで、カーボンゼロ工場として稼働しており、当工場で印刷する製品は全てカーボンゼロプリントとしての提供を開始いたしました。更に2022年4月からは印刷物のCO2排出量をLCAにて算定できる仕組みを構築し、サプライチェーン排出量をお客様の印刷物に表示することが可能になりました。印刷物のCO2排出量をカーボンオフセットすることができる「カーボンニュートラルプリント」の提供も開始しており、お客様のカーボンニュートラル実現に貢献できるような取り組みを進めています。

こうした当社の取り組みと「GXリーグ基本構想」の目指す社会が、合致すると考え賛同を決定いたしました。

当社は、今後も、お客様・ビジネスパートナー様・世界の未来のためにカーボンニュートラル達成を目指して、みなさまから信頼される企業であり続けるため、誠実に取り組んでまいります。


↑ページの先頭へに戻る
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • 第19回印刷産業環境優良工場表彰 経済産業省商務情報政策局長賞 受賞
  • プライバシーマーク
  • グリーンプリンティング 本社・東京事業所
  • グリーンプリンティング 飯能工場
  • JAPAN COLOR マッチング認証
  • FSCマーク
  • PLATE TO PLATEマーク
  • グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)マーク
  • Sports in Life
  • 健康経営優良法人2022